山本周五郎作「赤ひげ診療譚」原作の「赤ひげ」1965年に作成された黒澤明監督の最後の白黒映画であり最高傑作と言われている。江戸時代の小石川養生所を舞台に、三船敏郎演じる新出去定(通称赤ひげ)が養生所の責任者、加山雄三演じる 保本登が 長崎帰りの青年医師 という